ブログ記事が読者の心に染み込んでいくコンテクストの秘訣!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログ記事が読者の心に染み込んでいくコンテクストの秘訣!

ブログ集客では、
専門性と独自性の高い記事を
継続して提供することはとても重要です。

ただ、それだけでは、
十分ではあありません。

その情報の裏側にある、
背景(以下、コンテクスト)にも、
意識を高くする必要があります。

コンテクストが記事の信頼性を生み出す?


情報発信者と読者との
コンテクストの共有こそが肝要であり、
互いの信頼関係
強くしていていきます。

その信頼関係があるからこそ、
発信している記事(コンテンツ)の
価値を大きくできるのです。

コンテクストとは、
環境 ・ 前後関係 ・ 状況 ・ 背景 ・
コンテキスト ・ 周囲の状況という意味。

「メッセージとメッセージの関係」

「言語が発せられる場所」

「コミュニケーションの場で使用される
言葉や方言を定義づける背景や状況」

「コミュニケーションを成立させる共有情報」

と言われています。

要するに、同じ単語でも、
誰がどういう文脈で発したかによって
捉え方が異なるのです。

ブログでも、
誰がその記事を作っているのか
という背景を付与することで、
読み手の印象が変わるということです。

読み手にとって、
単なるお役立ち情報という印象だけでなく、
人間性や物語による
共感を生み出すことができます。

 

発信している人の信頼感・世界観の共有


コンテクストの共有で、一番、重要なこと。

それは、発信者のバックボーンです。

簡単に言うと、プロフィールです。

得意・専門分野、好きなこと、
理念、出身、通っていた学校、
資格、人生の失敗と学んだことなど、
何でも構いません。

読者との共通点があると、
不思議と、
親近感や安心感を持ってくれます。

なぜか、
信用のレベルが自然に一段上がります。

できるだけ、多くの情報を
載せておきましょう。

 

継続的な情報発信、そのものも重要なコンテクスト


気まぐれに記事を更新する人と、
定期的に継続して更新する人。

どちらが信頼できるでしょうか。

当然、
定期的に継続して更新する人の方が、
信頼をおけますよね。

ブログがどんな役に立つ内容であっても、
一ヶ月に一記事しか更新していないと、
読者に忘れられてしまいます。

また、SEO(検索エンジン最適化)
の観点からも、好ましくありません。

無理をする必要はありませんが、
継続して、記事を届けていきましょう。

初対面でも役立つ名刺のコンテクスト


コンテクストが生きるのは、
ブログだけではありません。

初対面で名刺交換の時にも、重要です。

あなたの見た目が第一印象となります。

次に、名刺で会社名や肩書きを見ます。

これだけでは、
あなたがどんな人なのか、分かりません。

そこで、私は、
名刺の裏にコンテクストを載せています。

名刺交換すると、
名前が珍しいので出身地をよく聞かれます。

そこで、名刺の裏に貼っていある
コンテクストを見てもらいます。

<出身> 昭和35年6月21日、 静岡県富士市
<家族> 愛妻(8才年下)と理系おタクの娘・息子(大4・1)
<ミッション> 仕事を愛し、豊かに生きる
<持味> 解決する × 教える × 繋ぐ
マーケティング・営業の企画・推進、IT・ネット活用コンサル
FPコンサル、ディマティーニ・メソッド(価値観発見、バランス思考)
<経歴>
東京工業大学修士 経営工学卒
石油会社 営業、IT企画・開発・運用、
保険事業:FPコンサル、業務・IT改革、経営企画
保険代理店 マーケティング・営業企画、ソリューション開発、IT営業
起業・経営 ネット集客・営業のコンサルタント

そこで、私のコンテクストを
理解してもらいます。

共通点があると、
そこから話が盛り上がったりします。

これは、プルーデンシャル生命の
トップセールスマンの本から教わったことです。

簡単なことですが、
名刺交換して私を理解してもらうには、
とても役立っています。

ブログサイトでコンテクストを作ったら
名刺にも、
活用してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。