ブログ記事の文量と更新回数は、どのぐらいが良いのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログ記事の文量と更新回数は、どのぐらいが良いのか?

ブログの目的は、
見込み客からネット検索で
“見つけられる”ことです。

記事のタイトルと本文に
検索キーワードを含めれば、

1ページ1ページが検索対象。

たくさん記事を書けば、
それだけ検索対象が増えます。

当然、
見つけられやすくなります。

また、この時に
気をつけたいのが、
記事の文量と更新回数

どれくらいにするのが
良いのでしょうか?

それぞれについて
お話していきます。

ブログに書く記事の文量は?


記事の文量の理想は、
500文字以上、2,000文字程度まで

文量は、少なすぎても、
多すぎてもよくありません。

この理由は、
「SEO対策」のためです。

検索エンジンは、
1ページあたりの文字数で、

そのサイトの情報量や
コンテンツの質を判断しています。

SEO対策に最適な文量
というのは存在していません。

文量が少ないからといって、
質の悪いページとは言えません。

例えば、
ニュースやスポーツの解説など。

文量が少なくても
立派なコンテンツです。

ただ、一つ言えることは、
文字数が多くなればなるほど、
ページに含まれるキーワード
の数は多くなります

そうなれば、自然と
SEOにも効果が出てきます。

SEO対策のことを考えると、
間違いなく文字数は
多いほうがよいです。

最低限の文量として、
500文字以上は欲しいところ。

では、文量をできるだけ
多くすればいいのかというと、

そうでもありません。

文量が多くなってしまうと、
どうしても記事の内容がブレます。

1つの記事に
複数のネタが含まれていると、

結局何のことが言いたいのか
わからなくなってしまい、

検索対象にならなくなって
しまいます。

 
ですので、
上限としては2,000文字程度
にしましょう。

これくらいの文量であれば、
読む方も読みやすくなります。
 

ブログの更新頻度は?


更新回数は、できるだけ
たくさん更新するのが理想です。

毎日1記事は書きたいところ。

理由はもちろん、
記事の数を増やすためです。
 

週に1回しか書かないひとと、
毎日書くひと。

記事の増え方が
ぜんぜん違いますね。
 

どちらも1年間続けたら、
どうなるでしょう。

週1のひとは、52記事。
毎日のひとは、365記事。

どちらが、検索で
見つけられやすいでしょうか。
 

「毎日書くネタなんて、
そんなにありません!」

なんて声が聞こえてきそうです。

記事に書くネタは、
検索キーワードから逆算して
決めます。

そこで、前回お伝えした、
Googleのキーワードプランナー

あなたのビジネスに関連した
キーワードを調べましょう。

たくさんのキーワード候補が
見つかります。

特に、いま話題になっている
キーワードで記事を書くようにします。

すると、より検索で
見つけられやすくなります。

自分の頭のなかで考えて
キーワードを決めると、

市場のニーズとはどうしても
ズレが生じてしまいます。

ちゃんと調べて
キーワードを決める。
これが、基本です。

一方で、実のところは、
どのキーワードで書いた記事が
ヒットするのかはわかりません。

ですから、できるだけ多く
記事を書きましょう。

どれかがヒットするのを
目指すのです。

早く成果を出したければ、
毎日書く。 

続けていけば、それが
“情報資産”になっていきます。

ちゃんと
“見つけられる”ようになるまで、

毎日がんばって
記事を増やしていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。