ブログの記事で伝えることは1つに絞る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログの記事で伝えることは1つに絞る

ブログの記事を書いていると、
伝えたいことが次々に出てきます。

いろいろな内容を盛り込みたくなります。 

関連する情報や、
エピソードなどを入れていくと、

記事はどんどん長くなります。 

ですが、
ビジネスで使う上ではあまり
お勧めできません。
 

書き手からすると、
一貫したストーリーの組立で、
意味のある話かもしれません。 

しかし、
読む側からしてみたら、
全ての話に興味があるわけではありません。 

むしろ、
タイトルに書かれている
要点のみを知りたいと思う人も多いです。

ブログ記事で伝えることは1つに絞る。

これが基本です。

要素を絞ればSEOにも効果がある


記事に書く要素を1つに絞れば
当然、
文章は短くなります。

書く側としては楽に書けるし、
読む側としては読みやすくなります。

どちらにとってもいいことですね。

また、
要点の絞られた記事は、
SEO効果を高めます。

記事の内容や、キーワードが
絞られていると、

専門性の高いコンテンツとして
検索エンジンから評価されます。 

伝える要素が1つであれば、
当然、
タイトルもピッタリあったもの
を付けられるはず。

そうなれば、
見てもらえるページの数も
増えていきます。
 

どうしても伝えたいことが出てきたときは


そうはいっても、
記事を書いていると、

伝えたいことが複数でてきて
しまうことはあります。 

そんな時のおすすめは、
記事をいくつかに分けることです。 

■伝えたい内容ごとに、違う記事にする

■話が変わるタイミングで、記事を分ける

■シリーズ化して、記事を分ける 

といったように、
記事を分けることができます。
 

記事の数が多いと、その分、
検索で“見つけられる”チャンス
も増えます。

アップも何回かに分ければ、
更新頻度の高いサイトだと
評価も高まります。 

 
伝えたいことがたくさんある人ほど、
だらだらと記事を長く
書いてしまいがちです。

記事を書いてみて
長くなってしまっていたら、

読み返してみましょう。

そして、
「複数の記事にできないか」
と、自問自答しましょう。 

『たくさん書く事がある』
ということには、価値はあります。

しかし、『記事が長い』
ということには、価値はありません。
 

1つの記事で伝えることは、
1つに絞る。

そうすることで、読みやすく、
SEO効果の高い記事を書きましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。