GoogleがWebのページをチェックする2つの基準

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5 GoogleがWebのページをチェックする2つの基準

今回は、
インターネットで集客する上で、
外すことのできない、
Googleについてのお話です。

Googleで検索した時に、
どのようなメカニズムで
サイトが表示されている
のでしょうか。

具体的なノウハウのご紹介では
ありませんので、サラッと
お伝えしますね。

 

Googleがどのように表示の順番を決めているか?


Googleの検索窓に
キーワードを入力すると、
Googleに登録されている
何億ものページの中から、
最適なものを選び出して表示します。

例えば、
「ネット集客」のキーワードで
検索するとします。

すると、
約400万のページが選び出されます。

そして、
そのページをランキングし、

最も適していると思われる
ページから、
順番に、
検索結果を表示していきます。

検索結果に表示するページを選ぶ際、
Googleは、
2つの評価基準を使っています。

それは、
「関係性」と、「権威性」です。

 

「関係性」とは?


「関係性」は、
検索したキーワードとページの
内容がどれだけ合っているか

Googleは、この「関係性」を、

・タイトルタグ
・ページコンテンツ
・そのページにリンクしている
アンカーテキスト

の三要素で決定しています。

 

「権威性」とは?


「権威性」は、
Googleがそのページを
どのように評価しているのか

で決まります。

「権威性」を決める
アルゴリズムは、
Googleの最も重要な仕組み。


詳しい判断基準は
公開されていないため、
厳密にはどのように
判断されているのかはわかりません。

わかっていることは、
Googleの判断基準が、
学術論文の評価基準を
基礎としていることです。

一般的に、
学術論文の権威性は、
他の論文からどれだけ
引用・参照されているか
で決まります。


他の論文に引用されればされるだけ、
価値が高まる、ということです。

ですが、どんな論文にでも
引用されていればいいという
わけではありません。


「権威性」の高い他の論文から
引用されて、はじめて、
価値が高まります。

これと同じ仕組みで、
ページの「権威性」が
決められています。

ページの場合は、引用ではなくて、
どれだけ他のページから
リンクをされているか、
です。

他の権威のあるページから、
リンクされればされるだけ、
そのページの「権威性」が高まります。

つまり、

・外部からのリンク数

・リンク元のページの権威性

が、ページの「権威性」の
評価基準となっているわけです。

 

あなたのブログのページランクはいくつ?


ページがどれだけGoogleから
評価されているのか。

それは、
『ページランク』を調べてみる
ことでわかります。

『ページランク』を調べる方法は
いくつかあります。

簡単なのは、
ページランクチェッカーサイト
を使うことです。

Googleで、
「ページランクチェッカー」と
検索してみてください。

該当するサイトが出てくるはずです。

ちなみに、豆知識ですが、
『ページランク』の語源は、
Google創業者のラリー・ページ。

サイトページとかのページでは
ないんですね。

ややこしいです。

最近は、
関係性と権威性を意図的に
作り出しているサイトが増えてきました。

そこで、Google は、
サイトの専門性(中身)を重視
する方向性を打ち出して来ています。

関係性、権威性を意識しつつも、
あなたの専門性を
深めていくことが王道
です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。