キーワードプランナーで複合キーワードを見つける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キーワードプランナーで複合キーワードを見つける

ブログの記事に、
検索されるキーワードを含める。


これは、
記事を書くときにはとても重要です。

特に、ライバルが少なく、
検索結果に表示されやすくなる

キーワードの組み合わせ
(以下、複合キーワード)

を選ぶことが重要です。

Google アドワーズの
キーワードプランナーを使うと、

複合キーワードを
見つけることができます。

キーワードプランナーは誰でも使えるツール


Google アドワーズは、
ネット広告の一つである
PPC広告のサービス。

そのツールの一つとして、
キーワードプランナーが使えます。

あなたの業界で、
どんなキーワードが検索されているのか。

このキーワードプランナーを
使うことで、

調べることができます。

例えば、飲食の業界の場合、

「飲食店 おすすめ」
「飲食店 新宿」
「飲食店 開業」
「飲食店 経営」



といったような
関連キーワードを表示する
ことができます。

そして、それぞれ、
・どれくらい検索されているのか

・どれだけライバルがいるのか

・広告を出稿した時にいくらになるか

といったことを、
調べることができます。

元々は、
PPC広告に出稿するときの
キーワードを選ぶツール。

ですが、
ブログ記事を書くときにも、
この情報は使えます。

とても便利なツールですので、
活用しない手はありません。

Googleのアカウントさえあれば、
だれでも使えます。

ぜひ使ってみてください。

データに基づいたキーワード選びをする


キーワードプランナーの優れた点の一つ。

それは、
複合キーワードをすぐに見つけられる
という機能です。

例えば、
「税理士」というキーワードを
一つ入力して、
キーワード候補を取得すれば、

「税理士 集客」
「税理士 合格」
「税理士 相続」



というような、
キーワード候補をたくさん取得できます。

しかも、
それぞれのキーワードについて、

検索数などの具体的な数値
わかります。

あなたの業界で効果的な、
複合キーワードのパターン。

この機能を利用すれば、
それを、知ることができます。

そして、
この複合キーワードを含めた
記事を
毎日ブログで書くのです。

これで、
市場に注目される記事に

ここで調べることのできる
キーワードは、

なにもブログ記事だけに
有効な話ではありません。

PPC広告はもちろん、
Facebook、YouTubeなど、
他の媒体でも使えます。

予算をかけずに、
検索で“見つけられる”ようになる。

それには、
検索されるキーワードを
あらかじめ調べることがとても重要。

なんとなく、

「こんな記事を書いたらいいだろう。」

では、アクセスを集めることは
できません。

キーワードプランナーを使えば、
簡単にデータを調べられます。

予測ではなく、ちゃんと
実際のデータに基づいて

キーワードを選びましょう! 

狙い目キーワードは、
検索数が多くても少なくてもダメ!


キーワードツールで
キーワード候補を取得すると、

月間にどれだけ検索数があるのか
を調べることができます。

検索数が少ないキーワードは、
ダメです。

では、
たくさん検索されている
キーワードを選べばいいか。

実は、単純にそうではありません。

目的は、
検索されることではありません。

見つけてもらい、
ブログまで誘導することなのです。

ですので、あまりにも
検索数が多いキーワードだと、

それなりの数のライバル
いることになります。

ライバルの多いキーワードは、
避けたほうがよいです。

検索数が
多すぎず少なすぎない
キーワードを選ぶこと。

業種によってもまちまちなので、
はっきりと言い切れませんが、

狙い目キーワードのだいたいの基準は、

月間の検索数が300から3000あたり。

ほどほどに検索され、
検索結果にも上位表示されやすいのは、
この辺りです。

狙い目キーワードは、
どの業種であってもたくさんあります。

キーワードプランナーを使って
探してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。