YouTubeのコンテンツ作りで成功する5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Youtubeのコンテンツ作りで成功する5つのポイント

YouTubeをビジネスで
活用する場合、

どのようにコンテンツを
作ったらよいのか?

「動画を作る」というと、
テレビのような、
見栄えのする
キレイな映像を
イメージしがちです。

ですが、安心してください。

YouTubeを
ビジネスで使う場合、
キレイな映像や編集は不要です。

一番大切なのは、
『動画の中で
どんなことが話されているか』

その中身です。

つまり、コンテンツの、
企画の部分が一番。

映像や編集などの
技術的な部分は二の次です。

「キレイな動画を作りたい!」
ひょっとしたら、
こういう気持ちがあるかもしれません。

しかし、まずは、
その気持は捨ててください。

ここでは、
『動画のコンテンツ作りで
 成功する5つのポイント』
をご紹介します。

工夫1
映像や編集よりも中身が第一と考える

先ほどもお話したとおり、
大切なのは中身。

動画の視聴者が
見たいと思っているのは、

「あなたがどんな役に立つことを
教えてくれるのか。」

キレイな映像や、
バッチリ編集された動画を
見たいわけではありません。

YouTubeでは、素人っぽさの
残っている動画のほうが、
好んで視聴される傾向にあります。

“動画編集”に使う時間は最低限に。

コンテンツの中身のことを
考える時間を多く取りましょう。

工夫2
音声はクリアに録音する

映像は、一般的な
ビデオカメラや、
スマホのカメラで
撮影したもので大丈夫。

照明も、普通の、
室内の明るさで構いません。

ですが、音声だけは
クリアに録音できるように
工夫してください。

なぜなら、
音声に雑音やノイズが
混ざっていると、
見ている時に
不快に感じてしまうからです。

・雑音のない
静かな部屋で撮影する

・録音用のマイクを使う

・編集ソフトで
ノイズをカットする

といった方法で、
できるだけ、
音声はクリアに
聞こえるようにしましょう。

工夫3
完璧なものは目指さない

ビジネス用の動画と言っても、
ニュース番組のアナウンサー
のように話す必要はありません。

上手く話せなくて
噛んでしまっても、
そのまま話し続けてください。

先程と同じく、
素人っぽさがある方がいいくらいです。

ビジネスで、と考えると、
完璧なものを目指したくなります。

が、そこは、
グッとこらえてください。

あなたの素の部分
見えるようなもの、

少し遊び心
あるくらいのもの、

が、ちょうどいいのです。

工夫4
自分が楽しんで続けられる内容にする

「楽しんでやっているな。」
というのは、
見てすぐにわかります。

そして、
「楽しんでやっていないな。」
というのは、さらに
よくわかってしまうものです。

見ている人も、
本人が楽しんで話しているものを
見たいと思っています。

ビジネスですので、
マジメに話すのは問題ありません。

ですが、その内容は、
自分自身が楽しんで話せるもの
を、選んでください。

義務感で話しているものや、
緊張でガチガチの動画は、
誰も見たくありません。

工夫5
無理に視聴者を増やそうとしない

動画を投稿する目的は、
たくさんの人に見てもらうこと。

ですが、
たくさんの人に見てもらおうと、
狙って動画を作ろうとすると、
間違いなく失敗します。

これはセールスの場合と同じ。

「買ってください!」
という気持ちが丸わかり…

そんなセールスマンからは、
買いたいとは思わないですよね?

それよりも、
思いに共感できる人や、
その人自体を好きになれる時に、
買いたいと思うはずです。

動画の場合も、
共感を得られれば、
勝手に広がって、
視聴者は増えていきます。

無理に見てもらおうとしないことです。

YouTubeで人気のある動画を
チェックしましょう

YouTubeには、
人気のコンテンツを
次々と作り出す、
人気の人たちがいます。

ここではあえて紹介しませんが、
YouTubeで人気のチャンネルを
検索すれば、すぐに見つかります。

その人たちは、
必ずしもビジネスを
しているわけではありません。

しかし、
私たちの動画作りの
参考にはなります。

人気のある動画が
どのように作られているのか。

できるだけたくさん
チェックしてみてください。

いいところは参考にして、
あなたの動画作りに
活かしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。