YouTubeのコンテンツを作り続ける7つのアイデア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Youtubeのコンテンツを作り続ける7つのアイデア

ブログの記事を
作り続けるのも大変だけど、

YouTubeコンテンツを
作るのはもっと大変そう。

そう思っているひとも、
いることでしょう。

それでは、YouTubeには、
どんな動画を作ったら
よいのでしょうか?

ビジネスでYouTubeを
活用するのであれば
定期的に投稿していく
必要があります。

しかし、

「会社案内」や
「社長からのメッセージ」

このような、
一話完結の動画だけでは、

続きませんね。

シリーズ化できるものや、
ネタが尽きないもの。
 
そういったものを題材に、
動画を作成していく必要があります。

自分で動画を作ることを前提として、
できるだけ手間のかからない、

『シリーズ化できて
ネタの付きない題材』

の、7つのアイデアをご紹介します。 

YouTubeコンテンツを
作り続ける7つのアイデア


1.セミナーを動画にする

セミナーの様子
動画で撮影したものです。

普段からセミナーを
しているのであれば、

その様子をカメラで
撮影しておくだけです。

セミナーは、ある程度の
長さがあると思います。

そこで、短く分割して、
シリーズ物として
投稿していきます。

動画1本の長さは、
2、3分の短いものに。

この方法では、
1回のセミナーから、
複数の
動画コンテンツを
作ることができます。

一度にたくさん作りたい時に
向いています。

2.トークを動画にする

あなたがカメラに向かって
トークをします。

内容としては、あなたの、
専門的な知識やノウハウを、
短くまとめて解説したものに
しましょう。

テーマの決め方によっては、
いくらでも
動画を作ることができます。

難しく考える必要はなく、
すでにある知識やノウハウを
話すだけ。

顔出しする必要がありますが、
その分、
あなたの信頼性
高まります。

3.画面キャプチャーする

パソコン画面を録画して
動画にする方法です。

映像だけでなく、
音声も録音できます。

パソコンが1台あれば
簡単に作成でき、

また、
顔出しする必要もありません。

「マニュアル」
「使い方を教える」
「解説」など、

教育系のコンテンツに向いています。

パソコンで作成した資料があれば、
それをパソコン画面に表示して
キャプチャーします。

画像キャプチャー用のソフトは、
無料のものから有料のものまで、
たくさんあります。

用途にあったものを選んでください。

4.お客様インタビューを動画にする

お客様にインタビューし、
それを撮影します。

いわゆる『お客様の声』の動画版。

マーケティングにおいては、
『お客様の声』は、
非常に強力なツールです。

お客様の声を動画にできないか、
常日頃から、
考えておきましょう。

5.商品説明を動画にする

自社の商品の説明を動画にします。

これも、凝った作りにする
必要はありません。

あなたやスタッフが、
カメラの前で、
商品やサービスの説明を
するだけで大丈夫。

商品説明とはいえ、
棒読みにならないように
気をつけてください。

誰も、棒読みの説明を
聞きたいとは思いません。

見てくれている人に、
話しかけるような

自然な話し方に
なるようにしましょう。

6.現地レポートを動画にする

見込み客がなかなかいけない、
場所の様子などを
レポートして動画にします。

現地レポートの動画は、
写真や文章だけでは伝わらない
リアルな雰囲気
伝えることができます。

不動産会社など、
物件がたくさんあるような
業種に
特に使える方法です。

見込み客が
知りたいと思っていること、
確認したいと思っていること。

これらをレポートしましょう。

7.対談/インタビューを動画にする

あなたが
著名人にインタビューしたり、

対談している様子を
撮影して動画にします。

あなたがインタビューアーになり、
見込み客が知りたい
思っているようなことを

聞いていきましょう。

相手が著名人であれば、
この動画で、

その人のファンにも
アプローチできます。

ポイントは、
短い動画をたくさん作ること

何度もお伝えしていますが、

コツコツと動画を投稿し続ける

これが、YouTubeを
ビジネスで活用する時、

大切なことです。

一時期だけ集中して動画を作る
というやり方では、
YouTubeで成功することは
難しいです。

“大作”の動画を作るのではなく、
短くて、簡単に作れる動画を
たくさん作っていくことが大切です。

今回の7つのアイデアを参考に、
あなたのビジネスであれば、
どんな動画が作れるのか
考えてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。